Paulus Jens
Germany

~History~
Jens Paulusは1970年に生まれました。
16歳からドイツ・マルクノイキルヘンにて父Gunter Alfredから弓製作を学びます。
1989年にはマルクノイキルヘンに創設された製作学校に入学し、やがてマイスター資格を取得します。
伝統的なマルノイキルヘンの製作手法を取りながら、クオリティの高い弓を製作しているメーカーです。
Jens Paulusの弓には‟JENS PAULUS”とグレードに応じた「☆」の焼印が入り、フロッグには鷲が刻印されています。

【バイオリン】
【ビオラ弓】
【チェロ弓】

~弓の特徴~
ペカットと自身のスタイルを融合させたモデルを中心に製作し、ややダークな色合いのステックはコシがありバランスよく仕上げられています。
フロッグやスクリューの完成度も高く、初心者~中級者向けとして人気があります。