Staff Blog

2019/02/09~新製品のご案内~【Jacques POULLOT Accessories】

~取扱い商品のご紹介~

「Jacques POULLOT Accessories」~France~
フランスの著名な弓メーカーであるジャック・プーロー氏(J.POULLOT)が監修し発売した松脂・弓用クリーナー・弓用グリスです。

【Rosin】
Poullot rosinは19世紀に活躍したフランスのバイオリン製作家Tolbecqueが残したレシピを基に作られています。
天然の素材のみを使用しており、弓毛にダメージを与える酸は使用しておりません。力強いサウンドを生み出し、松脂の粉の飛び散りも最小限に抑えられるように作られています。いくつかの違う素材の松脂を混合して作られたPoullot rosinは、バイオリン、ビオラ、チェロ用とあります。特にビオラ用は、ビオラ用として早くから市場に発売されていた松脂の一つです。

【Rosin】
Violin / Viola / Cello 各種
¥3,800

【Bow Cleaner】
弓用クリーナは、弓のスティックはもちろん、金属部分のクリーニングにも効果的です。
弓のスティックのニスの性質を考慮して作られていますので、決して楽器本体には使用しないようにお気をつけください。

【Bow Cleaner】
¥2,000

【Bow Grease】
弓用グリスは、弓のスクリューに塗ることで、非常に柔らかくスクリューをまわすことができるようになります。
またフロッグのアンダースライドとスティックの接触部に塗ることで、更にスムーズに弓の毛を張ることができます。
スティックの木材にはダメージのない素材を使用しており、安心して使用していただけます。

【Bow Grease】

¥2,500

Jacques Poullot 

1960年4月27日、フランスのディジョン(Dijon)生まれ。
父親は共和国衛兵隊の演奏家で音楽愛好家。 
ピアノ、ヴァイオリン、トロンボーン、ソルフェージュなどを音学院で学び、
1976年にミルクール国立弦楽器・楽弓製作学校に入学。巨匠ベルナルド・ウーシャ(Bernard Ouchard 1925-1979)に師事する。
1979年に楽弓製作技術者の資格を取得し卒業。
その後4年間、Dijon(ディジョン)のアルベルト・クロウド(Albert Claudot)のアトリエで働き、技術を磨く。
1983年にディジョンにて独立して工房を開設する。国際的な製作コンクール等で受賞歴多数。

1990 : Certificate for Workmanship (2 premio) Violin Society of America
1991 : Premio citta di Parigi (archetto di violino)
1996 : 3 Certificate for Workmanship (2 premio) Violin Society of America
1998 : Grand prix Dunhill Mestieri dArte
1999 : Grand prix regionale per lesportazione categoria Mestieri dArte

【ジャック・プーロー氏のホームページより引用】

 

 

 

Category:新商品案内